1972 EAT VIDEO PERFORMANCE

This is a real-time event that I created for the “Video Communication” Show (“Video Communication: Do It Yourself Kit”) at the Sony Building. It uses a media structure to present Cezanne’s card players. Here, however, the two people are sharing a meal instead of playing cards. Everyone who witnesses this video event will note that it is being presented not only by the two real-time people participating in it but also by video equipment. Our lives today are shaped by just this kind of real-time experience in a media format. Cezanne stood outside the images he painted, and we, too, have no choice but to experience his art from the outside. An electronic media event occurring in real time, however, draws onlookers – willingly or unwillingly – into the event.

これは、ソニー・ピルで行なわれた、「ビデオコミユニケーション展」の中で、私の提出した現実時(リアルタイム)のイヴェントである。これは、セザンヌの描いた絵画、カルタをする人たちを、メディア構造の手法によって展開したものである。ここでは、カルタをするかわりに、二人の人物が食事をする。この「ビデオ・イヴェント」を見ている人たちは、現実に起こっているイヴェントが、イヴェントをしている二人の人物によって行なわれているだけではなく、ビデオ機器という電子メディアによって行なわれていることに気づく。今日、われわれの生活を形成しているのは、このようなメディア構造の中に包含された現実時(リアルタイム)の経験である。つまり、セザンヌの絵の場合、セザンヌは画面の外に身体をおいていたように、われわれも、セザンヌの絵の外て芸術を経験するしかない。しかし、電子メディアによる長支持のイヴェントでは、観客はいやおうなしにその中に包みこまれてしまう。

(from “The Document Video of Video Installation and Video Sculpture by Katsuhiro Yamaguchi”)

12KY-eat-diagram-08-053-01-lo

09KY-eat1972-1-lo

10KY-eat1972-2-lo

11KY-eat1972-3-lo

art-it website – imaginarium- about “eat”