1981 Future Garden

「山口勝弘展 一 未来庭園による 一 」
場所:東京画廊, 東京銀座
日時:1981年3月13日- 3月24日

EXHIBITION〈KATSUHIRO YAMAGUCHI, Info-Environmental Sculpture: Future Garden〉
place: Tokyo Gallery, Ginza, Tokyo
date: 14th- 24th March, 1981

1981-future-garden2

情報 一 環境彫刻 一 未来庭園のために 一

この作品は、東京画廊の展覧会のために構想されたもので、3つの要素から成り立っている。その1つは、ホログラフィーによるモニュメント、2番目は、ホログラフィーに撮影した内臓的イメージをテーマとしたビデオ作品、3番目は、神奈川県民ホールに展示した「情報 一 環境彫刻」と同系列の鯨的イメージの彫刻である。「サテライト・アーチ・マスク」の場合は、ステンレスの細棒によるオープンな構造をもっていたのに対し、こちらの方は、閉回路テレビ・システムが、彫刻的な形態の中に閉じこめられている。つまり胎内的なメディアが、この彫刻の内部空間の存在を示している。こうして、ホログラフィー上の内臓的形態は。ビデオ作品の解縛を通して、さらに、この情報一環境彫刻によって内宇宙的イメージに結びつくのである。
なお、この東京画廊の展示は、いわば庭園的な構成になっていて、日本庭園のなかにちりばめられる石や、砂や、樹木や、池などによって、庭園を訪ずれる人たちが、さまざまなイメージを受けとるのと同じく、ホログラフィー上のイメージや、アルミニュームの構成物や、テレビや、白い彫刻や、黒いコークスの塊りによって、未来的風景のイメージをっくりあげることができる。

山口勝弘「山口勝弘展 一 未来庭園による 一」、ジャパン・インテリア no.266、1981年5月号、29頁)

1981-future_garden

1981年 – 情報環境彫刻 未来庭園 (東京画廊、東京)

“Arch-Satellite-Mask” が地球外の宇宙空間を利用した.テレコミュニケーションの提案だとすれば、これは”Inner Cosmos” にお付る相互コミュニケーションの提案だった。鯨のような生物の体内空間を通して視覚的イメージが伝達されるととの実験である。

鯨の眼(ビデオカメラ)が見た人聞の顔の映像は鯨の体内のモニターに再生されそのモニターをもう一つのヒデオカメラが撮影しそのイメージを胎外ヘ排出し人聞が眺めるというシステムのサンプルである。またこのビデオスカルプチャーを中心にホログラム化された胎内生命がビデオ化されて全体かインスタレーションとして構成されている。

If ARCH-SATELLITE-MASK was concerned with outer space telecommunications, then this was an attempt to achieve mutual communication within an “inner cosmos.” It involves the transmission of visual images through the body of a whale-like creature.

The faces of people are captured via a video camera in the whale’s “eye” and shown on a TV monitor inside the creature’s body. That monitor, in turn, is captured by another video camera whose images can be seen by people leaving the whale’s body. The final element of this video sculpture is a videotaped hologram of life in the womb.

(from “The Document Video of Video Installation and Video Sculpture by Katsuhiro Yamaguchi”)

1981 From Vitrine to Video – Kanagawa Prefectural Hall / Future Garden – Tokyo Gallery

1981-future-garden4

1981-future-garden3

1981-future-garden1