1991 La Invención de Morel

モレルの発明

「ハイテクアート 1991」展
1991年8月1日(木)より8月12日(月)まで
松屋銀座8階大催物場

1991-Invencion_de_Morel-50284

この作品の発想は、アルゼンチンの小説家で、ボルへスの親友そして共同執筆者でもあったアドルフォ・ビォイ・カサーレスの小説「モレルの発明」から得ている。カサーレスはその本の中で、不思議な映像記録装置を登場させている。知らぬ間に記録された現実が、いまの現実を先取りしているかのように、人間の意識を変えてゆく。最近話題の「反想現実」にも係わるようなテーマである。このカサーレスの世界と、数年来制作のコンセプトにしている建築とビデオイメージの関係を結びつけたのが、この作品である。使用される映像は匿名の兵士たちや民衆の姿であり、用意されたビデオカメラが観客の姿をそれらに重ね合わせてゆく。

La Invención de Morel – I got the idea for this piece from a novel by Adolfo Bioy Casares, an Argentine novelist who was a friend and collaborator of Borges’. The book is about a mysterious visual recording device whose images strangely anticipate reality and alter the consciousness of the characters. It is a theme that touches on the current concept of “virtual reality.” This work connects the world of Casares with the architectural and video images that I’ve been working on for the past few years.
A camera films visitors to the exhibition and then superimposes their features on images of anonymous soldiers and civilians.

(from “The Document Video of Video Installation and Video Sculpture by Katsuhiro Yamaguchi”)

1991-Invencion_de_Morel-drawing

1991-Invencion_de_Morel-50281

1991-Invencion_de_Morel-50282

1991-Invencion_de_Morel-50283

1991-Invencion_de_Morel-50286

1991-Invencion_de_Morel-50287

28インチ モニターTM-28 12台
S-VHS ビデオテープレコーダー 6台
小型モノクロカメラ(ズーム付)1台
スイッチャー(カメラの映像とVTR映像を重ねる)1台
オーディオアンプ 1台
スピーカー 2台

アクリルパイプ

12 Monitor Televisions (TM-28, 28inches)
1 Video Camera (B&W with zoom)
6 Video Tape Recorders
1 Video Switcher (camera images + video tapes images)
1 Audio Amp
2 Audio Speakers
Mirrors
Acrylic Pipes
Water
Wood

3180 × 4000 × 2270 mm

1991-ビデオ彫刻「モレルの発明」の解剖学資料

1991-Invencion_de_Morel-松屋ハイテクアート図面等書類

1991-Invencion_de_Morel-松屋ハイテクアート展フライヤー

1991-Invencion_de_Morel-松屋ハイテクアート展チケット