1956 Vitrines

装飾空間展 1956年12月3日〜8日

1957-「空間装飾美術展」パンフ1

1957-「空間装飾美術展」パンフ2

「山口勝弘さんの『ヴィトリーヌ』をガラスの抽象絵画などといっても当らないでせう。私は「眼のオルゴール」と形容しましたが、これはやはり動く空間をもったオブジェです。最初から建築との約束をもって生みだされたものなのです。こんど和光での第二回展に、幸い山室さんがそのことに着想され、勝己勝さんの肝入りで建築家の清家清さんと組んで、『装飾空間展』というたのしい計画が実現することになりました。現代のこうした芸術と建築とを結ぶ機会ほど暖かな希望を抱かせてくれるものは、私にはありません。もうディスプレイという言葉では現わせないものがあるはずと思います。」
滝口修造「装飾空間展」パンフレット 1956年12月

1957-「空間装飾美術展」会場1

1957-「空間装飾美術展」会場2

1957-「空間装飾美術展」会場3

1957-「空間装飾美術展」会場4

1957-「空間装飾美術展」会場5

1957-「空間装飾美術展」会場6

「山口勝弘と清家清の共同製作による『空間装飾美術展』は、やはり、オリジナルという見地からして興味深く見た。ヴィトリーヌ作品を建築家との協力で、近代建築的空間に、一層専門的、的確に結びつけようとする実験が、この展覧会の意図だったのだろうが、こういう方向にそのオリジナルな効果を展開することに私は賛成である。熱帯魚の水槽が壁に装置されたような楽しさと美しさを私は連想することができたが、この利用方法は、まだ結晶に向って第一歩をふみ出したところで、どしどしこの種の実験を進めてほしいと思う。」
植村鷹千代、美術手帖 1957年2月


Vitrine No.60 青い迷路

1956-Vitrine_no_60-青い迷路-09-023-01

1956-Vitrine_no_60-青い迷路-detail-09-009-01

1956-Vitrine_no_60-青い迷路-detail

1956-ミュージック・コンクレート電子音音楽オーディション-表紙-ヴィトリーヌ

実験工房「ミュージック・コンクレート電子音音楽オーディション」パンフレット表紙、1956年


Vitrine サルゴン王の像

1956-Vitrine-サルゴン王の像-8-10006


Vitrine 愛の仮説 Hypothetical Love
川村記念美術館蔵
写真:内田芳孝
66.0 x 96.2 x 9.8 cm

1956-vitrine-愛の仮説-Hypothetical_Love-09-008-02

1956-vitrine-愛の仮説-Hypothetical_Love-09-008-01


Vitrine 作品8 Work 8
川村記念美術館蔵
写真:内田芳孝
29.6 x 39.2 x 10.0 cm

1956-vitrine-作品8-09-019-01


降りてくる花 Descending Flowers

1956-降りてくる花-Descending_Flowers-10016


ヴィトリーヌ展、横浜アメリカ文化センター

12月18日〜23日

1956-横浜アメリカ文化センター-02-042-01

1956-横浜アメリカ文化センター-02-043-01


1952-1958 Vitrines

1952 Vitrines

1953 Vitrines

1954 Vitrines

1955 Vitrines

1957 Vitrines

1958 Vitrines

 

1955 Vitrines

Vitrine 1955年

1955-Vitrine-A_028


Vitrine No. 48 イカルス Icarus
川村記念美術館蔵
写真:内田芳孝
65.5 x 56.4 x 9.0 cm

1955-Vitrine-No_48-Icarus-09-018-01


Vitrine No.49 空間分析的方法による風景画
95.5 x 125.0 x 10.7

1955-Vitrine-No_49-空間分析的方法による風景画-09-031-01

1955-Vitrine-No_49-空間分析的方法による風景画

松本透「ヴィトリーヌ No. 49 空間分析的方法による風景画、「現代の眼」Vol. 517、1999年08月09日


Vitrine No.50 静かな昇天 Quiet Ascension
川村記念美術館蔵
写真:内田芳孝
96.7 x 66.0 x 9.3 cm

1955-Vitrine-No_50-静かな昇天-Quiet_Ascension-09-003-02

1955-Vitrine-No_50-静かな昇天-Quiet_Ascension-09-003-01

1955-Vitrine-No_50-静かな昇天-Quiet_Ascension-A_034


魚 Fish

1955-Vitrine-魚-Fish-A_030


鯨 Whale
川村記念美術館蔵
65.8 x 186.9 x 10.3 cm

1955-Vitrine-鯨-Whale-09-022-01

1955-Vitrine-鯨-Whale-A_035


古代 The Classic
川村記念美術館蔵
写真:内田芳孝
95.9 x 65.6 x 9.8 cm

1955-Vitrine-古代-The_Classic-09-007-02

1955-Vitrine-古代-The_Classic-09-007-01

1955-Vitrine-古代-The_Classic-B_033


鳥 Bird

1955-Vitrine-鳥-Bird-1-12

1955-Vitrine-鳥-Bird-09-002-01


ヴィトリーヌ作品展 和光ギャラリー

1955-ヴィトリーヌ作品展-和光ギャラリー-09-015-01

1955-ヴィトリーヌ作品展-和光ギャラリー-09-015-02

1955-ヴィトリーヌ作品展-和光ギャラリー-09-015-03

1955-ヴィトリーヌ作品展-和光ギャラリー-09-015-04

1955-ヴィトリーヌ作品展-和光ギャラリー-35111

1955年 ヴィトリーヌ掲載

植村鷹千代「意欲的な山口のガラス絵 村松画廊」 読売新聞 1955年11月30日

1955-植村鷹千代「意欲的なガラス絵」村松画廊-読売新聞


ヴィトリーヌ 青い惑星
ガラス、油絵具、合成樹脂絵具、紙
65.0 × 95.2 × 10.0 cm

1955《ヴィトリーヌ 青い惑星-ガラス、油絵具、合成樹脂絵具、紙-65.0×95.2×10.0cm-作家蔵-1

1952-1958 Vitrines

1952 Vitrines

1953 Vitrines

1954 Vitrines

1956 Vitrines

1957 Vitrines

1958 Vitrines

1952 Vitrines

1952-「山口勝弘個人展」松島ギャラリー

1952-「山口勝弘個人展」松島画廊02-024-01

1952-vitrine1

13-019-01

13-019-02


1952年 Vitrine No. 3
川村記念美術館蔵
写真:内田芳孝
ミクスト・メディア49.0 x 59.7 x 10.0 cm

1952-Vitrine_No_3-09-016-01


1952年 Vitrine No. 4
川村記念美術館蔵
写真:内田芳孝
ミクスト・メディア49.0 x 58.0 x 10.2 cm

1952-Vitrine_No_4-09-017-01

1952-Vitrine_No_4-B_031


1952年 Vitrine No. 6

1952-Vitrine_No_6


1952-1958 Vitrines

1953 Vitrines

1954 Vitrines

1955 Vitrines

1956 Vitrines

1957 Vitrines

1958 Vitrines

1953 Vitrines

Vitrine No. 12 リズム・イン・スペース Rhythm in Space

1953-Vitrine-No_12-リズム・イン・スペース-A_036

1953-Vitrine-No_12-リズム・イン・スペース-B_403


第5回アンデパンダン展(主催:読売新聞社)
ヴィトリーヌ No. 24 鳥

1953-Vitrine-No_24-09-030-01

1953-Vitrine-No_24-空間の音楽・ヴィトリーヌNo24-03-004-01


1953年「山口勝弘個展」タケミヤ画廊

1953-takemiya-koten-02-014-01

東京神田、駿河台下に戦前からあった竹見屋洋画材店が、1951年に再建された。店舗の大部分を改装して画材販売だけで なく、若手作家のために無料の貸画廊スペースとして開放しようという店主の箆正人と先代の番頭、浅尾丁策による構想のもと、タケミヤ画廊が誕生した。展覧 会の企画や作家の選定については鶴岡政男、阿部展也らの案により瀧口修造が依頼された。瀧口は「個展や実のあるグループ展」にこそ、従来の美術団体に属し て作品を発表する方法にかわる新しい可能性があるという考えがあったことから、以後、同画廊では1951年6月阿部展也展にはじまり1957年の春に閉鎖 されるまで、208回にわたる作家、グループ展の数々が開催された。会期は1週間から2週間程度で、瀧口による企画展もあれば、若手新人作家、画学生によ る申込みに瀧口が面談した場合もあり、実験工房展第3回をはじめ、北代省三、山口勝弘、福島秀子らの個展も行われた。瀧口が「新しい芸術のための温床、道 場でもあり娯しいクラブでもある生気にみちた場所にしたいと念願している」(「阿部展也デッサン・油絵個人展」パンフレット)というように、タケミヤ画廊 に芽生えた実験的な性格は、アンデパンダン展やその他の画廊展と共に、1950年代に生まれた新しい美術展としての意味を担った。
(朝木由香「タケミヤ画廊」「実験工房展 – 戦後芸術を切り拓く」 神奈川県立美術館、2013年、79頁)

Vitrine No. 36 空虚な眼 Vacant Eye

1953-Vitrine-No_36-空虚な眼-Vacant_Eye-10010

1953-Vitrine-No_36-空虚な目-Vacant_Eye-09-005-01

Vitrine No. 36 空虚な眼 Vacant Eye (detail)

1953-Vitrine-No_36-空虚な眼-Vacant_Eye-detail-09-005-02

1953-山口勝弘-ヴィトリーヌ展-タケミヤ画廊-工芸ニュース-1953年8月号

山口勝弘 ヴィトリーヌ展 工芸ニュース 1953年8月号


アフリカの華 Flowers of Africa
56.0 × 94.5 x 10.0 cm

1953-Vitrine-アフリカの花-Flowers_of_Africa-6-10022-1

1953-Vitrine-アフリカの花-Flowers_of_Africa-09-004-01-1


ヴィトリーヌの構造・特許書類

1953-vitrines-patent-構造1

1953-vitrines-patent-構造2

1953-vitrines-patent-構造図

1953-vitrines-patent-図1

1953-vitrines-patent-図2

1953-vitrines-patent-説明書1

1953-vitrines-patent-説明書2

1953-vitrines-patent-登録願

1953-vitrines-patent-登録広告願の決定

1953-vitrines-patent

 


1952-1958 Vitrines

1952 Vitrines

1954 Vitrines

1955 Vitrines

1956 Vitrines

1957 Vitrines

1958 Vitrines

1958 Vitrines

光とガラスの作品展

ビトリーヌ 山口勝弘
会場構成 丹下健三

会期 12月8日~12日 和光四階ギャラリー

山口勝弘君が和光でヴィトリーヌの新作発表をはじめてから三回目です この人がガラスの魔術にうちこんでから何年になるでしょう いったい山口君は工芸家でしょうか 画家でしょうか と問うひまもなく
かれはこのふしぎな箱を飽きもせず作っては世の中に 送りだしています かれは魔法の小びとをがラスの中に封じこんだり 時には自分も中に入ってみたりするのではないでしょうか かれはいまの建築の無愛想な壁にこのオブジェをはめこもうと努力していますが これは二重の実験であるにちがいありません

滝ロ修造

1958-光とガラスの作品展ーパンフ1

1958-光とガラスの作品展パンフ2

推薦のことば

山口さんのヴィトリーヌは抽象絵画に動的要索を加えて、ひとつのオブジェに結晶しています。むづかしい理くつは抜きにして、眼のオルゴールのつもりで鑑賞してください。

滝ロ修造

1958-光とガラスの作品展-DM1

1958-光とガラスの作品展-DM2

1958年、《風》 (120 × 360 cm) は、以前より規模の大きな作品で、展覧会場の壁全体に展示される。《風景》 (180 × 120 cm) などが支柱に支えており、会場の空間を区分する。当時山口勝弘はオブジェよりも、スペースを制作する意識を持ち、1958年12月の和光画廊に於ける個展の、インテリアー・デザインや展示会の構成を丹下健三に依頼した。その時から、箱が解体し、内面にある要素も構成主義的な部分も流出している。

それらの作品は、造形物よりも、「新しい感覚を与える機械」として考えられた。その意味で、ジャン・アルプやベン・ニコルソンのレリーフとは違い、モホイ・ナジの構成主義的な空間的作品、《スペース・モデュレータ》の系列として構想された(山口勝弘「ヴィトリーヌについて」、『アトリエ Nº336、1955年2月(「資料アンソロジー」、『山口勝弘 360º』、東京、六耀社、1981年、p.144)。

1958-光とガラスによる作品展-和光ギャラリー-09-014-01

1958-光とガラスによる作品展-和光ギャラリー-09-014-03

1958-光とガラスによる作品展-和光ギャラリー-09-024-01

1958-光とガラスによる作品展-和光ギャラリー-15-10023

1958-光とガラスによる作品展-和光ギャラリー-B_067

1958-光とガラスによる作品展-和光ギャラリー-09-014-04


風 Wind

1958-風-Wind-光とガラス展会場2


風景 Landscape

1958-風景-Landscape-10005

1958-風景-Landscape-B_071


麒麟 Giraffe

1958-麒麟-Giraffe-A_039


1958年、《ヴィトリーヌ》のシリーズの制作は〈実験工房〉の活動の終わりと共に中止されるが、1960年代〜1990年代にモールグラスを使用したオブジェやビデオインスタレーション(1963年の「光の樹 Flare Tree」、1969年の「イメージ・モデュレーター Image Modulator」、1992年の筑波美術館回顧展の際に展示された新型のヴィトリーヌ)何点かを制作することになる。


1952-1958 Vitrines

1952 Vitrines

1953 Vitrines

1954 Vitrines

1955 Vitrines

1956 Vitrines

1957 Vitrines

1994 Reflection

1957 Vitrines

Vitrine No. 37

1957-Vitrine_No_37-B_038


作品(ヴィトリーヌ)
川村記念美術館蔵
写真:内田秀孝
ミクスト・メディア
40.0 x 40.0 x 9.8 cm

1957-vitrine-09-021-01


海のシンフォネット(ヴィトリーヌ)
川村記念美術館蔵
写真:内田秀孝
ミクスト・メディア
62.5 x 84.3 x 9.8 cm

1957-vitrine-09-020-01


赤い街 Reddish_Street

1957-赤い街-Reddish_Street-10-10-032-01

1957-赤い街-Reddish_Street-10-032-02

1957-赤い街-Reddish_Street-40032


歪んだ鏡 Unformed Mirror
30 x 30 cm

1957-歪んだ鏡-Unformed_Mirror-09-011-01

1957-歪んだ鏡-Unformed_Mirror-09-011-02

1957-歪んだ鏡-Unformed_Mirror-10013

1957-歪んだ鏡-Unformed_Mirror-A_040


1952-1958 Vitrines

1952 Vitrines

1953 Vitrines

1954 Vitrines

1955 Vitrines

1956 Vitrines

1958 Vitrines

2015 Postwar Japanese Art from the 1950s

KY_Vitrine_72dpix1200px

Dates: Jul 7 – Aug 28, 2015

Location: Taka Ishii Gallery New York
Participating artists: Hideko Fukushima, Hitoshi Nomura, Kiyoji Otsuji, Shuzo Takiguchi, Katsuhiro Yamaguchi

The exhibition provides a curated overview of highly representative sculpture, painting, works on paper and photography by the formative artists, Hideko Fukushima, Hitoshi Nomura, Kiyoji Otsuji, Shuzo Takiguchi and Katsuhiro Yamaguchi, indicative of their own styles, as well as the dominant aesthetics of the groups they belonged to, during these initial three, and artistically influential, decades in Japan. (from Taka Ishii Gallery New York website)

http://www.takaishiigallery.com/en/archives/16061/

1981 From Vitrine to Video

1981-山口勝弘展-ヴィトリーヌからビデオまで

「山口勝弘展 – ヴィトリーヌからビデオまで –」パンフレット・出品目録、1981年 pdf

1981年3月に〈ヴィトリーヌからビデオまで〉展は横浜の神奈川県民ホールで開かれる。ホールの様々な会場、階段やメザニンなどの空間の特徴によって、多数の観点の可能性を考慮に入れた上で、彫刻(「光の彫刻」、「布張り彫刻」など)やビデオインスタレーションが展示された。展覧会は二つの要素によって構成されたものである:
(1)観客はその展示を鑑賞するパフォーマンスを行うための構成、
(2)観客が常にビデオ装置によって撮影され、自分のイメージがクローズ・サーキットという構成の中に入っている。
空間の真中に、会場の天井まで延びている《情報環境彫刻 Arch-Satellite-Mask》の金属のフレームに、ビデオ・カメラが設置され、会場及び観客の姿が映された映像が四つのも小型モニターから現われている。床には、もう一つの金属フレームにもビデオ装置が用意され、観客が必ず自分のイメージが見えるようになっている。メザニンの下に、初めてクロズ・サーキットを使用したインスタレーション《ラスメニナス》が施設され、そこで、さらに見る側と見られる側の関係が問われる。
(クリストフ・シャルル)


ARCH-SATELLITE-MASK 1981

“Katsuhiro Yamaguchi: From Vitrine to Video”, Kanagawa Prefectural Hall

“This work offers a model of a telecommunications system connecting remote points on the earth’s surface. The “Imaginarium” (which I thought of around this time) sought to launch a satellite for the exclusive use of an art channel that would create a new media presenting live coverage of historical sites and new performances from around the world.”

「地球上の異なった地点間を結ぷ,Telecommunication のシステムをモデル化した作品である。このころ考えついた「lmaginarium」とはアートチャンネルにのみ使われる人工衛星を打上げ世界各地の遺蹟や新しいパフォーマンスをこのシステムによって結びつ付つけライブなメディアパフォーマンスを行なうことを提案している。」

(”The Document Video of Video Installation and Video Sculpture by Katsuhiro Yamaguchi“より)


「〈情報一環境彫刻 一 サテライト・アーチ・マスク〉
この作品は、神奈川県民ホールのギャラリーの独特の、あの高さ6メートルの大空間を想定したものである。しかも1階ギャラリーからの視界、地下へ下りてゆくオープン階段からの視界、地下を歩きながら眺める視界のそれぞれに対応した構成を計算している。
そういう意味では、観客がこの作品を見るということが、彼らにとってのパフォーマンスであるような作品であり、またさらに、彫刻の中に組みこまれた閉回路のテレビ・システムが、観客の姿を3つの角度からとらえ、それらをモニターテレビ上に映しだすというメディア的性格をもっている。
そういう意味で、情報システムと環境が結びついた彫刻ということができる。かつての「ラス・メニナス」が、ベラスケスの絵画のメディア的解繹だとすれば、その「ラス・メニナス」のメディア構造を、彫刻作品のなかに組みこんだのがこの作品である。」

JAPAN INTERIOR DESIGN(インテリア)、no. 266、1981年5月号、25頁。

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-01-

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-02-5085

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-03

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-04-5057

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-04-img0016

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-img0019

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-05-14

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-06-16

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-5061

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-5062

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-5063

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-5068

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-5073

1981-vitrine_to_video-arch-satellite-mask-img0018

 

2014 Metamorphosis of Water – Azamino

140907_yamaguchi_banner_01

横浜の芸術資源としての作品やアーティストを発掘し、紹介するシリーズ展「横浜wo発掘suru」。今回は青葉区在住、メディアアートの先駆者・山口勝弘さんの「水」をテーマとした個展を開催しました。1951年に結成した前衛芸術グループ「実験工房」時代の代表作《ヴィトリーヌ》や旧作の再構成はもちろんのこと、86歳となる現在も旺盛な活動を続ける山口さんの新作および近作の絵画、映像を中心とした近年の活動を紹介する展示となりました。 山口さんと森下明彦さんによる「瀧口修造と美術映画」をテーマとした対談は、会場が満席となる盛況ぶり。草原真知子さん、北市記子さん、八尾里絵子さんの3名によるレクチャーではメディアアート草創期の山口さんの功績とその影響、現在の制作秘話など興味深いお話に会場も盛り上がりました。 ほかにも担当学芸スタッフによるギャラリートークやアートなピクニック(視覚に障がいがある人とない人が共に楽しむ鑑賞会)、あざみ野アートクラブ(子どものための鑑賞会)を通じて、80歳を超えてなお、型にはまらない山口さんの尽きることのない創造力を体感する展覧会となりました。(Exhibition Website)

Exhibition Poster

Exhibition Catalog

Video recording of Yamaguchi Katsuhiro interview by Morishita Akihiko