1981 グループ アール・ジュニ 設立趣意

1981-グループ_アール・ジュニ構造

グループ アール・ジュニ 設立趣意 pdf

現代の先進的メディアを中心におき、コンピュータ一、エレクトロニクスなどの新しいテクノロジーとの関連の中で、各種様々な分野のアートを統一的に総合し、新しい芸術にしようという趣意で設立した芸術グループです。

会員相互の間で最新情報の交換、協同作業、研究会、そして親睦を深めながら、曜動的に活動を進めて行き、新しい芸術世界を創り上げていくことを目的とします。

発起人委員会
山口勝弘、伊藤隆道、中村曜子

会員(現在)
山ロ勝弘、伊藤隆道、田崎和隆、瀬口英徳、菊竹清文、花野和生、石井勢津子、佐藤慶次郎、滝田哲治、小寺光男、河原孝夫、馬場雄二、三田村畯右、山崎均、幸村真佐男、朝倉直巴、岩田藤郎、横山昌孝、遊佐伸弥、田中敬一
(順不同)

グループ アール・ジュニ 事務局
東京都中央区銀座6-3-2 ギャラリー月光荘内


命名のいわれ

私どもは永い間の夢として、エレクトロニクスやサイエンスを含むあらゆる技術・芸術を総合した新しい考え方に基づく芸術志向を模索し続けて参りました。
最近ようやく機が熱しまして有志の方々と一緒と発足できる選びとなりました。
私どものとの新しい考え方・運動・そして、その成果としての作品を皆様方に知っていただき、御賛同と御支援を賜わるためには、それにふさわしい名前が必援と考えます。
そこで色々とネーミングの万向を探りましたが、結論としての基本的考え方はいつも「あらゆる技術と芸術との総合・調和にあり」という点に帰着しました。
私どもはこの点が充分に取入れられ、しかも簡略な綴りでロゴタイプとしてもデザインしやすく、その上、発音も優美な名称が創造されるととを願って、応用言語学者・工業デザイナー、そしてブランドクリエーターである松島廣美氏にネーミングを依頒しました。
同氏は、古代ギリシア・ローマ時代には「技術J も「芸術」もひとつの言索、すなわち、ギリシア語ではTECHNE(テクネー)、ラテン語ではARS (アルス)によって一括して言い表されていたという事実、また現在の英語 ・フランス語のART(アート・アール)もそうした意味を持っているという事実、それに特にフランス語の場合は発音が「アール」となって優美であるということなどからネームの主体にフランス跨のART(アール)を使用することを考えました。そしてこの後にハイフンを介して「総合された」という意味のフランス語を付けました。それが「総合された諸技術・諸芸術」という意味のフランス語ARTS-UNIS(アール・ジュニ)なのです。
ART(アール)の語尾にSを付けると複数形となるととは英語と同じですが、統み方は「アール」で、単数の時と変りません。ARTの文法的性は男性です。UNIS(ユニ)はUNIR(ユニール)「結合させる」という動詞から来た過去分詞形容詞UNI(ユニ)の男性複数形で「結合された、総合された」という意味です。ARTS(アール)の語尾のサイレントのSは、その直後に母音で始まるUNISを従えているため[Z]として発音されます。それで全体では「アール・ジュニ」となるのです。
どうか、このARTS -UNIS が双葉から成長して大きな樹となり皆様に心のためのオアシスを提供できますようど理解とご支援とを念願い申し上げる次第です。


アール・ジュニ活動企画書

「エレクトロニクスと芸術のジョイント」

主旨:

最近のエレクトロニクスの発展は、目を見張るばかりである。その影響力は、いるいるな世界におよび、それぞれに花を咲かせようとしている。特にコンピューターは新しい可能性を各界に持ちこんでいる。まさか使う時代に在ってきていると去えよう。芸術の世界においても、多様なかたちでエレクトロエクスやサイエンスが、そしてコンピューターがかかわりを持ちはじめている。
芸術家の創作意欲は活発で、新しいメディアへの挑戦もさかんである。発見と開発、そして完成が新しい創造の世界となる。その世界で、エレクトロニクスとコンピューターは興味ある対象となっている。しかしながら、それらは依然技術的に、又コスト的に数々の問題をのこしていて、従来のメディア程楽に使いこなせるものではない。
ところが周囲の要求は逆に、これらのニューメディアを使ったアーティスティックな表現を、作品を多く求め始めている。同時エレクトロニクス共通とした多くのニューメディアの統合した作品の完成をも求めているのである。

① グループ アール・ジュニは、このような環境のなかで、更に積極的にエレクトロニクス・ニューメディアを研究し、芸術的な場で完成させるべく、「エレクトロユクスと芸術のジョイント(キネティック・アート、ビデオ・アート、レーザー・アート、ホログラフィ・アート、シンセサイザー・ミュージック、コンピューター・グラフィック、ライト・アート、映像芸術)展」などを企画する。

② これらの分野の作品を銀座のみゆき通りに面したギャラリー月光荘の一隅で、展示するのに絶好の場所である会総で統合的に展示しようとするのが、アール・ジュニ コレクションの常設展示である。

③ ワークショップの中心機能は、入手しやすい汎用コンピューターを中央制御機構としたマルチメディア・エレクトロ・マシンである「アール・ジュニ・マークⅠ」であり、それぞれのアート・メディアをコントロールし、マニュアルでは操作しきれない多くのプログラムを、オブジェをコンピューターが人に代わって操作して行く。芸術的場の演出をコンピューターが助けてくれるというわけである。もちるん主役は、芸術情報の送り手と受け手であることは云うまでもない。

今迄に、それぞれが個々に発展されて来ているが、統合的に構成されて、それらが発表されるのは今回が初めての試みであり、同時にこれからのアール・ジュニ、統合芸術の姿を示す第一回の活動でもある。新しいアートの可能性をここに見出し、コンピューター・エレクトロニクスとアートとのかかわりが、とこまで来ていると云うことを認識していただき、また将来への示唆となれば幸いである。

1981 アールジュニの紹介

Arts-Unis-logo2

Arts-Unis アール・ジュニ pdf

グループ アール・ジュニ

人聞の夢は果てしなく広がり、夢は時代を創り、時代は夢を育てつ冶、万古の昔から悠久の未来へと変化進展してゆきます。どの時代のどの瞬間にも、人間は見果てぬ夢を抱きその実現をねがい、人生を賭け挑戦してきました。

我々が生きる20世紀最後の4半世紀は、エレクトロニクスのめざましい進歩によって、まるで違う次元の世界が出現しようとしています。それはサイエンスやエレクトロニクスを含むテクノロジーが、人間の第六感さえも創ってしまうのではないかと思われるほどの高性能にまで到達しつつあるからです。

4〜5才の子供がコンビュータ・ゲームに我を忘れて熱中している姿を見ると新しい時代への変化をひしひしと感じさせられます。

我々はこのような時代の中で、エレクトロニクスやサイエンスを含むあらゆる技術、芸術を総合した新しい発想の芸術志向を模索探求してきました。

2万年前の洞窟画以来壁から離れなかった絵を空中に描いてみたい。極限まで高められた芸術、技術、知能の接点を、この目で確かめてみたい。

既成概念や先入観をとり去り、本質を見極め、真理を組み変え組み合せ、美への永遠のあこがれと夢を、この高度のテクノロジーを駆使して人間生活の幸福に反映きせたい。アール・ジュニはこのような考え方をもっ人々のクツレープです。

代表 中村曜子


主旨

最近のエレクトロニクスの発展には目を見張るばかりです。その影響力はいろいろな世界におよび、それぞれに花を咲かせよっとしています。芸術の世界においても、多様なかたちでエレクトロニクスやサイエンスが、そしてコンビュータがかかわりを持ちはじめてきました。

芸術家の創作意欲は活発です。新しいメディアへの挑戦もさかんです。発見と開発、そして完成が新しい創造の世界です。その芸術家の世界に最新のテクノロジーか求められています。技術者と作家の協同作業による新しい造型が目立つてきました。

そして、あらゆる分野からこれら新しいテクノロジー・メディアを使った表現や作品が増えてきています。実際にこれらのテクノロジーアートの統合された完成度の高い作品がこれからも多く求められています。

このような現代の環境のなかで、積極的にエレクトロニクスやサイエンスを含むあらゆるテクノロジー・メディアを研究し、芸術と技術の分野が協同して完成していく新しいアートの創造を私どもはアールジュニ活動の主旨とします。


活動範囲

アール・ジュニ活動は技術と芸術の総合です。活動の中から生まれる成果は、現代の知品をいく全く新しいテクノロジアートの出現です。高度化きれた現代の技術社会のなかに生まれるオアシスとなると言っても過言ではありません。この活動は、私どもの活動主旨に賛同した仲間によって組織されたグループのメンバーとともに展開されます。

●グループ活動

❶ 企画展の開催(国際展レベル)
テーマをきめて展覧会を聞きます。年間6回開催を目標とします。

❷ 公募展の開催(コンクール型式)
年に1回開催します。企業のご協力をいただいて優秀な作品には賞を出します。

❸ イベントの企画・開催
ジョイント企画などにより、フェスティバル的なイベントに参加します。

❹ 研究会の定期的開催(例会となる)
年6回の研究会を開催します。会員相互の意見交換、研究会を含めコミュニケーションの強化を計る中心的活動となります。

❺ 講演会の開催
一般の人々を対象とした講演会の開催。年4回程度。

❻ ジャンル別部会
アール・ジュニのメンバーの専門性によってジャンル別にそれぞれ部会活動を行います。ジャンルは次の通りです。

1.コンビュータ・アート部会
2 . ビデオ・アート部会
3. レーザー・アート部会
4. ホログラフィ・アート部会
5. キネティック・アート部会
6. エレクトロ・ミュージック部会
7. オプテイカル・アート部会
8. ライト・アート部会
9. ロボット部会

❼ 会報の発行
年6回会報を発行します。研究会、講演会の内容の掲載。内外の情報、会員のニュースなどを掲載します。

❽ 会員の資料センターの開設
会員に関する資料をストックし、会の内外への情報サービスをします。

❾ 情報センターの設置
内外の情報の収集、記録、資料の作成、ニュースの報告、国際交流を行います。

● ギャラリー活動

❶ 常設展
日本では初めてのテクノロジアートの常設展示場を開設します。

❷ 作品の販売
アール・ジュニの作品を展示販売します。

❸ グループ-アール・ジュニメンバーをパックとしたプロジェクトの企画制作をします。

❹ ワークショップ
活動のニーズからでてくるワークショップの充実化を計ります。

● その他の活動として、会員相互の援助的活動、法人会員のフ。ロジェクトに協力します。また他のグループとの交流、タイアップなどを行白っていきます。


アール・ジュニの展望

科学技術の進歩は少なからず芸術の分野にも影響を及ぼした。戦後の美術活動はテクノロジーの影響を受け、さまざまな美術形式を生みだし、平面から空間へ、運動と光・音を同じ場に持ち込んだ環境芸術にまで発展してきている。

特に最近のエレクトロニクス・テクノロジーの発展は目をみはるものがあり、コンビュータ・アート、レーザースキャニング・アート、ホログラフィアート、ビデオ・アートなど新しいメディアが創造の世界に参入している。

このように表現技術の発見が辛庁しいメディアを促し、逆に新しい芸柿I創作の要求が新しい技術を発見するという関係は、印象派以降のきまざまな芸術運動の展開をみてもわかるように、エレクトロニクス・テクノロジーという人間の手や頭脳の延長として、それを何倍にも活用できる技術は人間の意識を拡大し、感性を高め、われわれにまた新しい視覚の可能性を示してくれた。エレクトロニクス・テクノロジーをメディアとする幸庁しいジャンルのメディアが、真にわれわれの意識拡大のメディアになるのも時聞の問題であろう。

グループ・アールジュニはこのような環境の中で、エレクトロニクス・テクノロジーを積極的に取り入れ、創造活動に反映した新しい視覚の世界というニューメディアの可能性を追求していきたいと考え、ここにみなさまにご理解とご支援とをお願い申し上げる次第です。