1981 360° KATSUHIRO YAMAGUCHI

yamaguchi_360-cover

タイトル 山口勝弘360° : 作品集
出版社 六耀社
出版年 1981
166p ; 26cm
ISBN 4897370132

 

● 凡例
● 作品の題名は、発表時と異なる場合もある。たとえば「ヴィトリーヌJ などはシリーズとして番号を付されていたが、ここでは省略した。
●「作品」篇でのサイズ表記は、高さ、幅、奥行、の順である。
●「記録」篇での敬称は省略した。
● 英訳部分で機関名、展覧会名などの名称はつとめて公式なものに従ったが、定訳のないもの、調査不完全のものについては、任意に訳出した。

目次

KATSUHIRO YAMAGUCHI 1951-81 — 10
イマジナリウム [山口勝弘] — 13
マルローの後にくるもの [ヤシャ・ライハート] — 54
記録 — 23
作品 — 59
資料 — 143
アンソロジー[山口勝弘] — 144
展覧会リスト — 148
収録作品リスト ― 154
文献 — 156
人名索引 — 163

CONTENTS

KATSUHIRO YAMAGUCHI 1951-81 — 10
IMAGINARIUM [KATSUHIRO YAMAGUCHI] — 18
AFTER MALRAUX [JASIA REICHARD] — 49
CHRONOLOGY — 23
WORKS — 59
REFERENTIAL MATERIALS — 143
SELECTED WRITINGS [KATSUHIRO YAMAGUCHI] — 144
LIST OF EXHIBITIONS — 151
LIST OF WORKS (INCLUDED IN THE VOLUME) —155
BIBLlOGRAPHY — 156
INDEX — 165

360° pdf

yamaguchi-360-chart-08-055-01

yamaguchi-chart-360-white

http://www.art-it.asia/ : Imaginarium 1977

http://www.art-it.asia/ : Imaginarium 1981

1992 メディア時代の天神祭

1992-山口勝弘『メディア時代の天神祭』美術出版社_ページ_001

目次

緒言 メディア化する文化の生態

I章 都市ば湾曲する

結晶のいろ - 018
メタファンタジアへの誘い

ヤマトインターナショナル - 022
宙吊りの意議

舞浜アーバンリゾート - 026
白日夢の具象化

ハラミュージアムアーク - 030
黒い美術の守護烏

東京都聴没者霊苑 - 034
都市のなかの精神のエアポケット

ギーガー・バー - 037
夜を彩る生体機微

湘甫台文化センター  - 042
都市のなかに隆起した空中庭園

ラビリンス - 045
立体的なパティオに仕組まれた迷路住宅

II章 僕のアート天神たち

一柳慧 - 056
サウンド・リブを進める男

フレデリック・キースラー  - 060
環境芸術の磁界

マリリン・ウッド - 070
都市空間をアー卜する女

マルセル・デュシャン - 076
覗き見るのはいつも他人

ナムジュン・バイク- 080
ビデオの哲学者

マン・レイ- 086
謎めいた手

伊藤隆康 - 090
無限空間の透視者

ジョン・ケージ - 097
不確定性から意識の無限回転へ

メレット・オツパジハイム - 104
漂泊のアヴァンギャルド

ドナルド・エヴアンズ - 110
想像の国々からの切手アート

ヤン・フォス - 113
遊不遊の申子

オノ・ヨーコ - 118
未来へのプロジェクト

ヴインセント・ハッドウルセイ - 122
馬と人間の文化

飯村隆彦 - 125
究極の風景ビデオ

III章 メディア都市回廊

ディスプレイ未来像 - 134
限りなく実体から遠ざかるときへむかう - 148
コミュニケーションメディアから環境メディア - 162
スペースアートんのための建築のない宇宙美術館 - 170

IV章 シティアートの遠心力

消える芸術/パフォーマンス - 178
装飾から織の造形ヘ - 183
住い=芸術/建第と環境への問いかけ - 187
絵になった文字の世界 - 192
食事の造形 - 195

V章 日本的アート戦略

おとぎばなし/平目忌の国 - 210
日本の視覚的スペクタクル - 223
「見立て」の造形 - 232

VI章 もうマテリアルやめてもいい

布一そのかくれた形態学 - 250
ガラス一イメージの宙吊り - 264
水一メディアと物質 - 279

[幕間エッセイ]

光瞬く東京 - 049
東京の夜とその額縁 - 130
ブームをよんでいる食べものの本 - 250
東京はいま、ルーツとゴム紐 - 205
さまよえる看板 - 245
未来派料理とイタリア的人生 - 294

美術出版社
ISBN 4-568-20142-X C3070
装丁 中垣信夫+島田隆

1992-山口勝弘『メディア時代の天神祭』美術出版社.pdf

1987 映像空間創造

1987-Eizokukansozo-cover

表紙 ― シア卜ル・サイエンス・センターのレーザー映像[写真・山口勝弘]

目次

高度映像空間への予兆 ― 2
山口勝弘略歴・著書 ― 11

銀河庭園「Galaxy Garden 1986」 — 4
スペース・バリアー|Space Barrier ― 6
プラネット・ステーション|Planet Station ― 12
ピラミッド|Pyramid ― 14
コズミック・ウェーヴ|Cosmic Wave ― 16
スリー・パッセージ|Three Passages ― 20
マジック・スクウェアー|Magic Square ― 22
レーザー・パフォーマンス銀河庭園 ― 24

映象空間創造 ― 26

「炎と水と人間と」 ― 37
ビデオ彫刻「パロッコ」 ― 38
JUN ポートピア・セレブレーション ― 43
ビデオ彫刻「三重奏」 ― 44

街の中の映像空間 ― 48

最新のテクノロジーで電気のプレイランドを実現 ― 48
時代の感性とニーズに応えて、知的空間を創造する丹青社 ― 49
乃村工藝社のオーディオ・ビジュアル・コミュニケーション ― 52
トータルメディア開発研究所と映像空間 ― 56

映像化店舗事例レポート ― 62

映像系とコンピュータ系の複合映像システム [ラポルテ] ― 63
旅のイメージをマルチ映像で演出[日本交通公社名古屋伏見支店] ― 64
AV システムによるビアホールの演出[舞戯麟] ― 65
地域社会への情報発信基地[オークワ尾崎店] ― 66
映像と光の不思議空間作り[ビテオレンタルショップ・ビデオピア] ― 67
ショールームのマルチ映像展示[野村不動産] ― 68
エレクトロニック・バンキング時代のシンボル[協和銀行日本橋支店] ― 69
高感度ヤング層に映像イメージでアピール[レイ・エ・ルイ] ― 70
集客効果を高める映像空間[ミッドナイト・サパー A to Z] ― 71
イベントとマルチビジョンの立体演出[テルミナ錦糸町] ― 72
中京地区映像化店舗のはしり[ハートスタッフ] ― 73
宝石に関する情報発信基地[ジュエラーズ・タウン オラム] ― 74
白い館の 9つのブラウン管の窓[ウイズワン] ― 75

映像空間創造 pdf

1967 不定形美術ろん Free Forms and Concepts in Art

1967-futeikei-bijutsuron-cover

不定形美術ろん

Free Forms and Concepts in Art

目次
はじめに 3

Ⅰ あなたの手元で出来る芸術
アガムノ動くレリーフ ムナーリの組立彫刻 斎藤義重の掛換絵画
宮脇愛子の光のパイプ ジョン・ケージの楽譜 一柳慧の図形楽譜 etc.
本文11-27

Ⅱ 物の置き方は決まっていない
菊竹清訓の原始美術展示 木村恒久の箱 福岡道雄個展
山口勝弘のサハラ先史壁画展 磯崎新の<空間から環境へ展>展示 etc.
本文33-45

Ⅲ 表面を装うのは悪いことか
ジオ・ポモドロ アルナルド・ポモドロの彫刻
フォンタナの空間概念 クラインのしわで出来た絵 ガウディの建築 etc.
本文 55-65

Ⅳ 不定形美容ろん
フィニーの仮面 マルセル・デュシv ンの変身と女装
アフリカ土人の成形美容術 ポモドロ兄弟の彫刻的アクセサリー etc.
本文 67-77

Ⅴ 料理もまた芸術
アイ・オーの虹の食卓 オールデンバーグの巨大なハンバーガー
包装のまま食べられる茶巾ずし ジャスパー・ジョーンズの叫入りビール etc.
本文 79-89

Ⅵ あなたのお目目は脇されるのがお好き
山口勝弘のヴィトリース 勝井三雄のオプティカルな六面体
デュシャンのめまい発生装置 伊原通夫の帝国刷場ロビーのノレン etc.
本文 91

カラー写真 カール・ゲルストナー 9 清水晃31
ルチオ・フォンタナ 53 山口勝弘 119
坂本正治 121 ニコラス・シェフェール 123
サム・フランシス 137 フェルナンデス・アルマ 171

Ⅶ 光の魅惑
シェフェールの空間ダイナミスム 山口勝弘の青と無色透明な光る立体
多田美波の照明器具 芸術・光・芸術展の会場 ナギーの光線展示装置 etc.
本文 125-135

Ⅷ 火と水と・煙と空気
クラインの火と水の絵 マン・レイの煙のオブジェ シドニー市の噴水
吉田稔郎の発砲装置 ワーホールの巨大な空気枕の個展 etc.
本文 139-153

Ⅸ 何かことが起る
カニングハム舞踊国 ニュー・ヨークの街頭ハプニング
アイ・オーのハプニング 楽器の鳴らない交響曲 TVハプニング・etc.
本文 159-167

X 不特定多数÷不特定多数=あなた
クリストのドラム状のモニュメント 伊藤隆康の無限空間展
高松次郎の影の個展 三木富雄の耳の彫刻 小野洋子の詩集 etc.
本文 173-181

Ⅺ オブジェと環境
ピーネの動く光のレリーフ マックの17mの光線反射塔
リッキーの大モビール リッポルドの新作 キースラーの環境的彫刻etc.
本文 185-197

Ⅻ あなたの生活空間に流れを
キースラーのエンドレス・ハウス 日本の庭園 新宿駅西口広場
磯崎新の成長と崩壊をくり返す都市の孵化過程のイメージ etc.
本文 205-208

図版目録 209
人名索引 212
あとがき 214

不定形美術論ろん pdf

1968-不定形美術ろん-特別付録-Kappa_Star-06-039-01

1968-不定形美術ろん-特別付録-Kappa_Star-06-039-02

1983 冷たいパフォーマンス

1983-Yamaguchi-Tsumetai_Performances

冷たいパフォーマンス〔ポスト・モダン講義〕清水徹+山口勝弘

目次

第一講 全体性からの解放 ー 専制と解体 7

第二講〈作品〉の破壊 ー 侵蝕と転生 59

〔鏡1〕蝶番 ー あるいは浸透 87

第三講 情報と空間 ー キヤングアスからの解放 103

第四講 転送と放射 ー 〈ブラウン管の破壊〉 155

〔鏡2〕イマジナリウム ー あるいは分身 195

用語解説 207

おわりに 213

冷たいパフォーマンス pdf

1978 Environmental Artist Frederick Kiesler

Yamaguchi-Kiesler-cover

目次

キースラーの宇宙圏––活動分野の関連図

まえがき

原色版〈本の神殿〉

献辞 リリアン・キースラー

フレデリック・キースラー 映画世界の家のナレーションより

I 銀河系との対話–––1
1 未知のひと−3
2 一九七五年十一月十日の日記–6
3 キースラーを巡ってのモノローグ–10
4 キースラーの宇宙圏–––ワークチャートを読む

Ⅱ 超劇場時代のなかで–––15
1 背景としてのウィーン–17
2 演劇的時代のなかで–2
3 デ・スティールとの出会い–30

Ⅲ 〈エンドレス〉劇場の展開–––39
1 一九二〇年代の劇場形式の革新–42
2〈空間舞台〉の構想–46
3 グロピウスの全体劇場–50
4 革命的な映画建築–54
5 アメリカでの〈エンドレス〉の展開–60
6 キースラーの舞台装置–71

Ⅳ 空間的展示–––79
1 新しい展示の時代–81
2 リシツキーの「プロウン」–84
3 デ・スティルにおける流れ–88
4 キースラーの〈空間的展示〉–91
5 キースラーと百貨店のデザイン–93
6 「今世紀の芸術」美術館の展示構想–99

V 建築と美術の統合–––105
l 「今世紀の芸術」美術館の展示–108
2 〈休息の形〉とその多目的機能–111
3 コミュニケーションと美術館–114
4 「血焔展」の展示へ–116
5 「迷信の間」の設計–124

Ⅵ 〈生技術〉の建築へ–––133
1 ロシア構成主義のデザイン運動–136 2 バウハウスのデザイン–141
3 デ・スティールのデザイン–146 4〈空聞の家〉–150 5 キースラーの家具デザイン–155

Ⅶ デザイン・コルリレーション–––159
1 〈コルリアリズム〉の誕生–161
2 建築の工業化と機能主義–163
3 環境と遺伝–166
4 技術環境と道具–172
5 要求の進化–176
6 機能主義から〈生技術〉へ–181
7〈動く家庭用の本棚〉–184

Ⅷ 〈銀河系〉の造形–––193
1 〈銀河系〉の発端–196
2 モンドリアンの造形主義–198
3 〈銀河系〉による彫刻–203
4 ジョンソン邸と〈銀河系〉–208
5 〈銀河系〉の肖像–210
6 馬の〈銀河系〉–213
7〈銀河系〉の発展–215
8 〈モビロイド〉の構想–217

Ⅸ 〈エンドレス〉の実現–––221
1 〈終わりのない家〉の発表–223
2 〈歯の家〉のドローイング–226
3 〈終わりのない家〉と光の計画–230
4 〈世界の家〉画廊の設計へ–237
5 芸術のための建築–240
6 立体の牢獄からの解放–243
7 連続する空間の包摂–246

X 人工の宇宙–––251
1 〈終わりのない家〉最終案のいきさつ–253
2 〈終わりのない家〉の発表と反響–256
3 〈終わりのない家〉最終案の目的–259
4 〈終わりのない家〉最終案の内容–264
5 〈終わりのない家〉の火と水–267
6 〈終わりのない家〉の歴史的観点–272

Ⅺ 甦りの建築–––281
1 〈本の神殿〉の設計へ–283
2 『死海の書』の発見–285
3 〈本の神殿〉の設計と建設–288
4 〈本の神殿〉の環境的構成–290
5 〈本の神殿〉の空間ユニット–295
6 〈本の神殿〉の道線モンタージュ–298

Ⅻ 彫刻による建築の空洞化–––307
1 芸術と環境–309
2 造形美術の〈コルリレーション〉–315
3 造形芸術の新しい可能性–319
4 〈プロメテウスの盃〉の制作–321
5 〈プロメテウスの盃〉の完成–327
6 グッゲンハイムでの発表–329

ⅩⅢ 洞窟への回帰–––333
1 シンボルの想像力–335
2 祖型としての洞窟
3 洞窟と想像力–342
4 〈瞑想の洞窟〉–345
5 洞窟の劇的様相–354
6 〈プセファルス〉の胎内彫刻–355
7 「ヨナ」のエピローグ–358

ⅩⅣ 彫刻による黙示録–––361
1 〈我ら、汝、我〉–363
2 〈我ら、汝、我〉のアレゴリー–377

ⅩⅤ 宇宙的想像力のヴォワイヤン–––385
レジュメI–389
レジュメⅡ–394
レジュメⅢ–397
レジュメⅣ–399
宇宙的想像力のヴォワイヤン–403

作品写真集–––409

資料篇
宣言1925–579
コルリアリズムと生技術について–577
コルリアリズム宣言–555
魔術的建築宣言–543
年譜–541
文献–530
舞台デザイン–497
参考文献–494

あとがき–585
索引–584

装本 山口勝弘・志賀紀子

美術出版社 1978

Environmental Artist Frederick Kiesler pdf

1985 ロボット・アヴァンギャルド – Robot Avant-garde

ロボット・アヴァンギャルド
20世紀芸術と機械
山口勝弘

001-ロボット・アヴァンギャルド-山口勝弘

目次

はじめに−−−−4

Ⅰ 人間の機械化とロボット・シアター————9
1 建築の皮膜化と身体造形 / 10
2 人間=機械系の実験室としての劇場 / 12
3 未来派による実験「造形的複合体」 / 14
4 ロシアのアヴァンギャルドたち / 17
5 バウハウスのステージ・ワークショップ / 20
6 キースラーの「空間舞台」 / 28

Ⅱ 環境機械とキネティック・アート————31
1 環境機械のフォークロア / 32
2 一九二〇年代のキネティック・アート / 34
3 動くオブジェ——モビール / 41
4 第二次大戦後のアー卜・アンド・テクノロジー / 45
5 日本の一九六〇年代 / 52
6 大阪万博から七〇年代へ / 57
7 一九八〇年代の動向 / 64
8 未来庭園——イマジナリュウム / 77

Ⅲ アー卜・アンド・テクノロジー / 作家と作品————85
●オッペンハイム / 86
●エイコック / 87
●シェフェール / 88
●松本俊夫 / 90
●中谷芙二子 / 91
●篠田守男 / 92
● 内国晴之 / 93
●クリッサ / 94
●ユング / 95
●ティンゲリー / 96
●フォステル / 97
●ブリ / 98
●石井勢津子 / 99
●コワルスキー / 100
●グラハム / 101
●伊藤隆道 / 102
●新宮晋 / 103
●河口洋一郎 / 104
●原田大三郎 / 106
●山本圭吾 / 107
●バーコート / 108
●タキス / 109
●エムシュウィラー / 110
●三田村畯右 / 111
●ホワイティング / 112
●幸村真佐男 / 113
●アントナコス / 114
●リジン / 115
●フレーヴィン / 116
●久保田成子 / 118
●田中薫 / 119
●佐蔵慶次郎 / 120
●逢坂卓郎 / 121
●コシセ / 122
●ツァイ / 123
● パイク / 124

Ⅳ 環境のロボット化へ————125
1 二〇年代の構成主義的思考 / 126
2 六〇年代の情報メディアと環境 / 133

Ⅴ 環境の芸術 / 芸術の環境————141
1 光の都市と砂漠の夢 / 142
2 崩壊のイメージを形に / 148
3 よみがえるアウトサイダー、キースラー / 156
4 「社会学的芸術の集合」について / 162
5 音幻の世界 / 170
6 音・オブジェ・環境 / 183
7 音空間とパフォーマンス / 185

Ⅵ パフォーマンス————191
1 祝祭の復活 / 192
2 部屋と自我のイメージ / 202
3 空間と身体のトポロジー / 212
4 建築のパフォーマンス / 222
5 境界のパフォーマンス / 229
6 メディアとパフォーマンス / 241

あとがき————253

人名索引 / 265
図版出典一覧 / 267
参考文献 / 269
初出一覧 / 270


ロボット・アヴァンギャルド 20世紀芸術と機械

発刊日 ———————— 一九八五年三月十日第一刷

著者 ————————— 山口勝弘
発行人 ——————— 増田通二
発行所 ——————— 株式会社 PARCO 出版局
東京都渋谷区宇田川町十五の一 〒一五〇
電話=〇三—四七七—五七五五
振替=東京三—五五三五
印刷・製本 ——— 凸版印刷株式会社
定価 ————————— 二〇〇〇円

ⓒ1985 Katsuhiro Yamaguchi ⓒ1985 PARCO CO., LTD.
Printed in Japan 6989 ISBN4 – 89194 – 098 – 0 C0070 ¥2000E

PDF version

Text Version